オヤジの自転車と飲みと食の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS カンパホイールの実測重量

<<   作成日時 : 2007/01/23 14:02   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

シャマルの重さがカタログより重かったが・・・

輸入元から問い合わせの返事が来ました。

「リムの製作段階で厚みが異なることがあり、それがバラツキの理由です。ハブ、フリーボディーには差はないと思われます」

という返事。

そんなにバラツキがあるほど、精度・材質のバラツキがあるということか・・・
800gに対して40gって5%ですよ!

普通誤差は1〜2%位だと思うんですけどね
昔、イタ車はメーターチューンといって実測100km/hでも120km/hくらい表示していましたが。

カンパもカタログチューンというところでしょうか?

以下は、都内某ショップのカンパホイールの実測重量とインプレッションです。

======================

さて、各ホイールを実測軽量してみました。
********************************
[EURUS WO カタログ/実測]
F 660.0/680.0g
R 890.0/908.5g
合計 1550/1588.5g
********************************
[Racing ZERO Tub カタログ/実測]
F 625.0/658.5g
R 800.0/821.5g
合計 1425/1480g
********************************
[SHAMAL ULTRA WO カタログ/実測]
F 605.0/599.5g
R 790.0/820.5g
合計 1395/1420g
********************************
[NUETRON ULTRA WO カタログ/実測]
F 630.0/634.5g
R 840.0/851.5g
合計 1470/1486g
********************************

EURUSの重さが目立つ結果となりました。RACING1の時もですが、FULCRUMの方がCampyよりもやや重くなるのも同じようですね。

こうやって重量に関する事ばかり気にしているようですが、そうではないわけです。個人的な注目は”NEUTRON ULTRA”、以前からNEUTRONの後ろから押される様な感覚の乗り味は気に入っていて、旧EURUSに次いで良かった。Tubがあればもっと良かったのだけど仕方無し。Rフリー側のフランジがBORAと同じになりかなり大径化しましたので、R剛性アップは間違いなし。

EURUSはこの間知人のモノを借りた感じだと、やはりというかアルミスポークのメリットとデメリットが出ていた感じ。RACING1に似た乗り味なので、実は余り好きにはなれなかった。。。剛性が高くなったというメリットはフレーム同様にホイールからも粘りを無くしてしまう様に感じ、流行の高剛性タイプフレームにはバッチリなんだろうなぁという感想。

見た目的にはSHAMALが相当イイです。フレームを選ぶでしょうけど、良くも悪くも目立ってナンボのホイールです。付けたモン勝ち。

さて、あなたは何を選びますか?




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カンパホイールの実測重量 オヤジの自転車と飲みと食の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる