オヤジの自転車と飲みと食の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS カーボンフレームの修理

<<   作成日時 : 2008/07/02 17:29   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

kkさんの骨折したフレーム修理でいろいろ調べてみました。

関東ではあのアマンダ、今回問い合わせをしたのは大阪の工房赤松。

山東水餃王の鶏飯(けいはん)蒸地鶏、支那竹、生ザーサイ
鶏は骨ごと食べて、骨を強くしましょう!骨折しないように。。。
画像


きれいに直るものですね。(HPからお借りしました)
画像
画像


画像
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ナイス

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
カーボンだと修理代も高いのでは?また強度的に復活するんでしょうか?kkさんにはアルミがいいと思いますが!!
toki
2008/07/02 20:43
カーボンクロスを貼るので、場合によっては強くなることもあるそうです。
uz
2008/07/02 22:16
関東の店に相談したことあります。
巻いた表面は修復可能ですが、目に見えないところで亀裂が広がる可能性も高いとのこと。
フォークにヒビはいったのですが、結局換えることに。ご参考ください
LEO
2008/07/02 23:05
LEOさん
情報有り難うございます
フォークはいきなり逝ったらやばいですよよね。
uz
2008/07/02 23:34
トップのバーナーの薔薇がなんともいやらしいですね。(笑)
Bee
2008/07/03 10:19
見た目は綺麗になるんだ。
強度は???
骨ごと食べるの??強くなり良すぎて困ったりして・・・・
ボタン
2008/07/03 11:42
Beeさん
考えすぎ〜
何か求めてる???
uz
2008/07/04 01:05
ボタンさん
そうですね、実質の強度は「破壊検査」を
しなくっちゃ。(笑)
uz
2008/07/04 01:07
上記写真のコリマやスコットは全て、赤松さんにて修理されたのでしょうか?当方にも手持ちのカーボン破損フレームがありまして。。。
ひろ
2008/11/22 17:57
ひろさん
この写真は全て「工房赤松」のものです。
uz
2008/11/26 19:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
カーボンフレームの修理 オヤジの自転車と飲みと食の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる