オヤジの自転車と飲みと食の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 鮎の骨抜き

<<   作成日時 : 2008/08/12 12:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

今年は鮎を食べる機会が多い

小さめの鮎だったら頭だけ取って、そのままかぶりつくけど、
大きめの場合は骨を取る必要がある。

活きののいい鮎じゃないと出来ないけど、
骨だけ抜いてかぶりつくのがいちばん美味いし、きれいに食べれる。
出来ますか?

尾ひれは付け根で骨を折って、
腹を下向きにして上から丁寧に押しつぶすように身をほぐし、
えらの下側をちょっと切るようにしてから頭を引き抜くことで、
全ての骨が頭と共に抜きとる事が出来ます。

活きが悪いかったり、無理に引っ張ると頭だけ取れちゃいます。

画像

うんちく
鮎は「香魚」と言われ、身に微妙な苦みをもち、特に内臓には特有の香りがあります。
鮎の一生はまだ解明されてはいないそうですが、一年の命しかない鮎は「年魚」とも呼ばれます。
鮎は、姿、味、香りの良いところから「川魚の王様」と言われています。
栄養的には、内臓はビタミンAの宝庫で、鉄、亜鉛、銅、マンガン等のミネラルを沢山含むそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
上手にほぐれましたね。うまく
骨からとるには背中を押すのは
知っていましたが、尾ひれとエラ
の下側がポイントですね。
それと、これで一杯やるのはたまり
ませんね。
ひひ
2008/08/12 12:50
ひひさん
これだったら、やっぱりきりっと冷えた冷酒が合いそうですね。
uz
2008/08/12 13:00
その昔、会津で食べた鮎は香りがとっても良かったです。親父さんが川で釣ってきたものだけを出してくれました。あ〜、食べたくなっちゃった(⌒ー⌒)http://home.r04.itscom.net/buttobi/fukusima/fukusima01.htm
achisi
2008/08/12 13:41
achisさん
天然物のワタは、味が全然違うね。
uz
2008/08/12 14:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
鮎の骨抜き オヤジの自転車と飲みと食の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる